topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I❤family - 2013.09.12 Thu

<長文だよーん>





3月くらいにマーくんの近況を書いてから半年…。



変わらずこの夏も元気一杯のマーくん…。











mark love1







ただ、半年間、休むことなく私の睡眠時間は、
60、45、30、90、20の平均4時間を推移している…。



マーくんは日中、お昼寝をするけれど、トイレ、お水、食事は、
ひとりで出来ないから、後ろ足を介助しながらになり、
ほぼ、つきっきりになった。


トイレやお水や食事はどうってことないけど、
今まで16年、吠えたのを聞いた事など、両手もないってくらいのマーくんが、
今までの分を取り返すかのように、とても大きな声で泣く。


夜中も昼間も関係なく、その細い体のどこにそんなエネルギーがあるかって言うくらい
全身を使って、泣き続ける。


その声は、とても切なく悲しげだ…。






世の中には、沢山の介護記録があり、
そこには、助けになる情報や、知恵が実体験に基づいて書かれていて、
それらに助けられ、勇気づけられてる人達もきっと多いのだと思う。


…だけど、私は、3わんが「シニア」と呼ばれる年になってから
それらの情報を見る事を避けてきた…。


見れない理由は、解っているのだけど、それをうまく説明できない。





徐々にではなくて、ある日を境にやって来た
この「夜泣き」「昼泣き」
生活スタイルが、いやおうなしで変化せざる負えなくなった。



トイレも、お腹も、お水も満たされた状態で、何が不服で叫んでいるかが解らず、
抱きかかえると、前足で暴れ、お水をあげようと近ずけると、容器ごとひっくり返され
水浸しになった…。


慢性的な睡眠不足で、思考回路が停止したまま、
真夜中マーくんの後ろ足を支えながら、庭をグルグル回る。
1時間、2時間、ぐるぐるぐるぐる…。


あの熱帯夜には、汗がポタポタ流れ落ち、蚊がブンブン私の足にまとわりついても
両手を離す事が出来ず、腰に激痛が走った…。


そんな事を数時間くりかえすも、部屋に戻るとまた泣きはじめる。
眠気で、頭がグラングランする中、私の腕の中で狂ったように大暴れするマーくんを
一瞬、床に投げつけたくなる衝動が起きる…


汗と一緒に涙がこぼれた。
大きな声で泣き叫ぶマーくんを、強くぎゅっと抱きしめ、
私も泣いた。

マーくんよりも大きな声で、

マーくんの声をかき消すくらい大きな声で。







穏やかな日がないってわけでもなく、日中は、気分のいい日もある。












mark love2







こんな後姿を見ていると、何とも愛おしくてしかたがない。




マーくんが、この様になってから、
カブの大好きなカフェにみんなで行く事も、旅行も。

ポロンのお散歩もばぁばが行き、
アロアのボール投げの時間も少なくなってしまった…。


仕方のない事だけど、カブもポロンも元気とはいえ、
残された私との時間は、そんなに長くはなく、

アロアはアロアで、アロアの3歳は、今しかない…。


それが、今の私の、最も大きなストレスなのかもしれない…。



だけど、今、マーくんのいる所には必ずカブが寄り添うようになった。

深夜、マーくんと庭をグルグルしていても、心配そうに起きてきて、
何故か、一緒になって庭にいる。
こっくり、こっくりしながらwww










mark love3












介護とは何ぞや…などと、偉そうに語るつもりはない。


周りを見れば、シニアをもつ多くの人が、それはそれは足元にも及ばない、
大変な介護をされている方が沢山いる。

本当に、尊敬に値する方方ばかりだ。



それに比べると、私なんて、鼻くそ以下だけど、
半年のこの生活で、ひとつだけ、私なりに気づいたことがある。





わんこでも、もしかしたら人間でも、介護していると
私の様に、時として、

「めんどくさい」と思ったり、苛立ったり、

放り投げたくなる一瞬や、早くこの状況から脱したいと思う感情が芽生える事もあるかもしれない。



愛してやまないわが子のような存在。。
どこかが痛ければ、代わりに痛みを受けっとってあげたい存在。
足が不自由なら、自分の足を代わりに差し出したい存在。


なのに、同時に真逆の感情が顔を出すのは、
なぜなのか。


それが本当に辛く、苦しく、怖かった。



だけど私は、そんな自分も、まだまだ未完成の未熟な人間として、許すことにした。


次の日、また繰り返し思っても、「昨日よりは少しまし」と思って許す。



許せば、前に進めるけれど、自分が許せなくなったら、どんどん深い谷に落ちてゆく。



「自分を許す」ということ。


介護は、介護する側の精神ケアも大切な事なのだろうと。





今も、マーくんは、良くなるわけでもなく、悪くなるわけでもなく、
同じ日々が続いている。
私の睡眠時間は、相変わらず、トータル4時間平均であるし、
寝ぐずの酷い時は、明け方5時まで寝ない日もある。




でも、気持ちの上では、私はとても軽くなった。
もちろんそこには、みんなの協力なくしては語れない。




気持ちが軽くなると、いろんな事が見えてきたりした。
ただただ、マーくんが不憫に思っていたけど、

マーくんは、どこかが痛いわけでもなく、明らかな痴呆でもなく、
ただ、「歩けない」という事が理解できず、みんなと一緒に歩いたりしたいのだ。

歩けないから、エネルギーが有り余ってしまっているから、夜泣く。

生理現象のすべてが満たされた状態の「泣き」は、マーくんの運動だっ。と思い、
泣かせておく。

用事が済めば、抱き上げてまた、ぐるぐるしよう。



わがままが過ぎれば、喧嘩しよう。
マーくんが、前足をバタバタさせて顔を叩いたら、
私は「なによー!!!」と、耳元で文句を言っている。


最近は、マーくんをグルグルさせながら、アロアを追いかけるって言う、
鬼ごっこが、ブームだw




どんな状況でも、どんな生活でも、楽しむ方法は必ずあるんだと思う。



我が家の4わんこーず。

チャーシューが作ってくれた、私のチーム。


私達は、最後の最後まで、楽しいチームでありたい。
笑っちゃうチームでありたい。





今は、それだけが願い。








mark love4








へっぽこってなあに?














関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

しんみりしちゃいます・・・・

でも、ワンコも人間も避けられない現実ですよね。

私は看護師をしているので、仕事上、人間の『老い』『介護』の問題によくぶつかりますから、
すごく共感できるというか、『うん、うん、そうだよね・・』とうなずきながら読ませてもらいました。
答えはないのだと思います、介護や老いの問題って・・・・

cmkpさん大変ですね。
でも、それでも前を向いて明るく頑張る姿と、
大変さの中からも愛情がいっぱい感じられます♪

あまり頑張り過ぎないで欲しいのと、
周りの助けをたくさんもらって、みんなで介護をして欲しいです。

苦も楽も一緒に分け合ってくださいね^^

カブ君の言う『ヘッポコチーム』♪
とても素敵ですよ☆

お体ご自愛くださいね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆めめさま☆

いつもいつも、本当にありがとう❤

看護師をされているんですね~。
大変だけど、立派なお仕事だと尊敬しちゃいます!!

きっと、いろんな問題にぶつかりながら、ご苦労されている方を
沢山見てきているのだと思います。

私も、くよくよしないで、頑張らなきゃー。
あっ、頑張りすぎないで(汗。。)

私には、へっぽこチームがついているから大丈夫♪

これからも、みんなに笑いを(爆)届けなきゃですよーww

こんにちは。

cmkpさんの気持ち、よくわかります。

夜中、パスが落ち着かず、外に出たり、
仕事から戻ると家中ウンPだらけの日が続いたりすると、
この生活はいつまで続くのか・・・
なんて思ってしまうことがあります。
でも、その直後、パスは私の全てであることを思い出し、
ウンPでさえ愛しくも思うのです。

きっと、こんな日々を繰り返して、いつか訪れるお別れを
受け止められるよう、パスに教育されているんだろうな。
そう思うと、余計に前向きに考えようと思います。
どんなに困らせても、ママは幸せだよって思ってもらいたいから。。。

気持ちを軽く持って、がんばりましょうねっ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆cuoreさま☆

そっかぁー、私はマーくんに教育されているんですねー♪
では、頑張らなきゃならないですね!!

本当に大変な一日でも、ふと思うと、どんなに大変でもずっと続く事も
また、願ったりします。

いつか来るお別れ以上に、辛い事なんてないのかもしれません。

パスちゃんも頑張っているから、励みになります。
cuoreさんも、ムリされず、お互い切磋琢磨で頑張りましょうね。

☆鍵コ 3番さま☆

うん、私もね、辛い選択をしたお家をしってるよ。
それを見た時ね、自分が同じ事をしないなんて、到底言えない
深い思いを感じたし、凄く凄く辛かったの。

だからね、変化していく事が怖いんだと思う。

でも、気持ちひとつで、人間はいつでも軌道修正出来るって事も
解っているから、重くかんがえず、の○ち○こが、からっからにいつでも乾いてる状態で
いるからー♪

いつも応援アリガトね!!
ご自身も大変なのに、本当にありがとう。

☆鍵コ4番さま☆

泣かないでちょうだいよー(笑)

でも私も、あるゴルちゃんがね、介護に入って、
そこのママさんからお話聞いたときに、1時間くらい涙が止まらなかったよ。
その時の、言葉が、いまでも忘れられずいつも励みにさせてもらってて、

マーくんなんか、2キロだもん。
腰が痛くなるって言ったって、たかが知れてるし

そのゴルちゃんは、癌の末期で、もうお腹からウジがでてしまっていて、
玄関の中のたたきに毛布を引いて、夜泣きするから家族交代で、たたきに添い寝してね…。

そんな生活が、2か月位続いて亡くなったの。

でもそのご家族は、こう言ったの。

「そんな生活でも、何年でも、何十年でも続けたかった」って。

だめだ、また泣く~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆鍵コメ5番さま☆

頑張ってますかー!!
色々お世話になりっぱなしでスミマセン(汗)

そんな経験があったなんて、知りませんでしたっ(汗)
みんな、密かに問題があっても乗り越えてるって思うと、
私も負けないわー!!
…と言う気持ちになります。

いつもありがとうございます。
またご連絡しますねー♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shichi069.blog9.fc2.com/tb.php/252-bcf0c677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かわいい贈り物 «  | BLOG TOP |  » 都会は親切なのらー

ありがとうございます

プロフィール

camp-k

Author:camp-k
☆チャーシュー(享年17歳6ヶ月)
カブとポロンの母。h19/2虹の橋へ。私の分身。

☆マーク(享年17歳9ヶ月)
のんきなマイペース。2ワンの父としての威厳はゼロ。
2014年9月15日虹の橋へ。
世界一やさしい子

☆カブ(享年17歳5ヶ月)
H.20/12増帽弁閉鎖不全で余命3日と宣告。9時間に及ぶ人工心肺を使った狭窄形成手術に挑み、生還。 好奇心旺盛な知能犯。
2016年5月16日虹の橋へ。

☆ポロン(享年16歳10ヶ月)
2016年6月20日虹の橋へ。
我が家のお姫様。
生涯天然のぼんやりキャラ。


☆アロア(5歳)
3ワンシニアーズの教えをすべて背負って新世界へ!!            

最新記事

最新コメント

カテゴリ

Greetings (7)
Daily (192)
Cafe (19)
Travel (6)
Anniversary (28)
Mama&etc... (21)
Health (40)
未分類 (34)
お店 (17)

アルバム

月別アーカイブ

リンク

アロアのお里 グレイス犬舎

シニア犬応援マガジン

わんこ服のお店はこちら

ランキング

犬親子飼いランキング

にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ
にほんブログ村

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。